MUNI CARPETS

My First MUNIとの出会いについて

2023年7月2日

南青山本店スタッフです。

来週からの玄関敷きフェアのスタートにあたり、
わたくし自身のファーストMUNIとの出会いについて、思い起こしてみました。

最初にMUNIを知ったのは20年前。
清野恵里子さんの『きもの熱』にて。
品川恭子さん作の着物をお召しになった京都・和久傳の若女将(現・女将)の桑村祐子さんが、和室に設えたMUNI CARPETSに柔らかに佇む写真は息をのむほど美しく、この店に行ってみたい!と思ったのがきっかけでした。

オリエンタルテイストが好きだったわたくしは、龍のモチーフに惹かれ、敷く場所も決めないままに、
余白が美しい龍モチーフの玄関敷きをファーストMUNIとして迎えました。

が、当時、社宅住まいであったため、
「新居に引っ越した暁に」
と、まだ見ぬ新居を夢見て、後生大事にとっていたのでした。

実際に使い始めたのは、“しばらく”ののち。
ようやく巡り合った新居の玄関です。
長らくの冬眠(笑)を経て敷けたことが嬉しく、
出かけるとき、
帰宅したとき、
目に入るチャーミングな龍の姿に、ニンマリしたことを思い出します。

そしてその後・・・・
ご縁を頂き、現在はMUNIスタッフとして、
龍と一緒に働いております♪

——————–

Complete Your Entrance -MUNIの玄関敷き-

7月6日(木)から17日(月・祝)まで、
MUNI南青山本店、倉敷本社店にて開催いたします。

デザイン・サイズ・カラー含め200種類以上の豊富なラインナップの中から、
皆さまも是非、ご自宅の顔となる唯一無二の玄関敷きと出逢ってください。

posted by MUNI |

news letter vol.44 : 居心地がいいということ

2023年7月1日


MUNIでは、月に1度メールマガジンをお届けしています。
その内容をこちらでも紹介させていただきます。
過去のアーカイブはこちらから


 先日、『Casa BRUTUS』特別編集「NEW STANDARD 居心地のいい家具。」にMUNI CARPETSを取り上げていただきました。中目黒のデザインギャラリーLICHT(リヒト)の須磨光央さんによる巻頭特集にて、”信頼できる目利きたち”が選んだ数々の名品家具とともにご紹介頂いています。

 “居心地のいい…家具”?と首をかしげるキャッチコピーでしたが、それがかえって、改めてMUNIのカーペットについて考える示唆を頂きました。

“舒服(Shūfú)” 的絨毯

 “居心地のいい家具”というフレーズに触れて思い出したことがあります。
1987年、MUNI CARPETSオーナーの楠戸は、初めて訪れた香港でアンティーク・チャイニーズラグと出逢い、その美しい文様と、時を経て深まり成熟した藍の色に強く引き込まれます。MUNI CARPETS誕生のきっかけとなった出来事です。

藍色のカーペットに魅入る楠戸に向かって、店主の男性は「看得很舒服」と言ったそうです。
“この絨毯を見てると心地いいよね” というような意味合いです。

“舒服(Shūfú)”というのは、気持ちや体調・身体、モノなど幅広いものについて“心地よい”という意味を表す中国語です。

1987年に楠戸が出逢ったアンティーク・チャイニーズ・ラグ

視覚からくる心地よさ

 日本では、“心地よさ”と言った場合、一般的に風合いや触り心地、使用感についてのことばという印象があるように思いますが、今回の『Casa BRUTUS』のことばにより、視覚からくる心地よさというものを再認識することが出来ました。

美しいな、素敵だな、と感じることの中には、本能的に心地よいということも含んでいるのではないでしょうか。

MUNI CARPETS Design No.009D

Therapy Carpet(セラピー・カーペット

 もうひとつ、カーペットの視覚的心地よさについてのエピソードをご紹介します。 

皆さま、セラピー(Therapy)という言葉をお聞きになったことがあるかと思います。セラピー(Therapy)=治療の意味ですが、薬や手術などによらない心理療法や物理療法を指し、香りを嗅ぐことによりリラックス効果を促す「Aroma Therapy」などは、代表的なことばでしょう。そのほか、動物に触れることによる「Animal Therapy」や、音楽を聴くことによる「Music Therapy」などもあります。  2005年にドイツのケルンでクラシカル・チャイニーズ・ラグの展覧会が開催された際、楠戸は、ロシア・サンクトペテルブルクのクンストカメラ博物館の学芸員の方の講演会に参加しました。そこで、「クラシカル・チャイニーズ・ラグはセラピー・カーペット(Therapy Carpets)だと思います」というフレーズを耳にしました。それは、「クラシカル・チャイニーズ・ラグの、他には類を見ない配色とデザインは、心に安らぎをもたらす効果がある」という内容のものでした。

*     *     *

 普段は特に意識をしていませんでしたが、そのようなクラシカル・チャイニーズ・ラグを継承した上で、天然藍を中心に植物染料で染めたべーシックカラーを色数少なく配色し、シンプルにデザインしたMUNIのカーペットは、「静の美」、「動の美」とある中で、「静の美」にあたり、心が安らぐ、心地良い、という感覚を抱いていただけるのではないでしょうか。皆さまも是非、「居心地のいい家具」という視点で、一度MUNIのカーペットをご覧になってみてください。

*     *     *

メールマガジンのご登録はこちらから

posted by MUNI |

イベントのお知らせ Complete Your Entrance-MUNIの玄関敷き-

2023年6月25日

このたびMUNI南青山本店・倉敷本社店では、「玄関敷き」にフォーカスしたイベントを開催致します。

古来日本人にとって玄関とは、内と外を隔てる結界として象徴的な場所であり、
さらにお家で一番最初に入る場所であることから「お家の顔」として考えられてきました。

玄関にふさわしい、魔除けや繁栄の意味を持つ吉祥文様でデザインされたMUNIの玄関敷きは、
Design・Size・Color含め200種類以上の豊富なLineup。
カーペットに精通したMUNIスタッフが、お好みの一枚をご紹介致します。

皆様の日々を見守り、お客様を温かく迎え入れる一枚を探しに是非お越しください!
ご来店を心よりお待ちしております。

<イベント詳細>
Complete Your Entrance -MUNIの玄関敷き-
会期:2023年7月6日(木)~7月17日(月・祝) 

MUNI南青山本店
営業時間 11~18時 定休日 7月11日(火)

MUNI倉敷本社店
営業時間 10~18時 定休日 7月11日(火)、12日(水)

posted by MUNI |

夏の ENTRANCE FAIR

2023年6月25日

Complete Your ENTRANCE
-MUNIの玄関敷き

玄関(エントランス)、
そこは日々のお出かけとご帰宅を見守り、訪れたひとびとを温かく迎え入れる場所。
お家の「顔」である玄関インテリアの仕上げは、 MUNI の玄関敷きで。。。

こちらのページでは、この夏おすすめのデザインのカーペットをご紹介しています。


Design no.047E
  雲文辺蓮花文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥396,000-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇91×152 cm ¥748,000-(with tax)

文様のご紹介

フィールドの文様は蓮花です。種子をたくさんつける姿から、子孫繁栄の象徴とされてきました。
縁取りは雲の文様です。雲は「運気を運ぶ」とされています。

Design no.018A  
  雷文辺蓮花文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥363,000-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇61×91 cm  ¥272,800-(with tax)
  ◇91×152 cm ¥682,000-(with tax)

文様のご紹介

フィールドは「花菱」と呼ばれる蓮花の文様です。蓮は、仏教と共に清らかさの意味も持つようになりました。
縁取り(ボーダー)は恵みの雨を呼ぶ雷の文様です。

Design no.009B
  蓮団花文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥335,500-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇55×75 cm  ¥183,700-(with tax)
  ◇61×91 cm  ¥250,800-(with tax)
  ◇91×152 cm ¥638,000-(with tax)
  ◇91×183 cm ¥770,000-(with tax)

文様のご紹介

蓮の花のみをモチーフとしています。蓮は水芙蓉(みずふよう)とも呼ばれ、美人の喩えとされ、またその清逸さから君子を象徴するものとして大切に愛されてきました。

Design no.006A
  藍地蓮龍団花文三藍氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥341,000-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇55×75 cm  ¥187,000-(with tax)
  ◇61×91 cm  ¥253,000-(with tax)
  ◇91×152 cm ¥660,000-(with tax)
  ◇91×183 cm ¥792,000-(with tax)

文様のご紹介

蓮の花と龍が一体化した文様です。
蓮は幸福と繁栄を、龍は最高位の神獣・守り神を表しています。

Design no.075B
  歳寒三友四君子文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥409,200-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇55×75 cm  ¥225,500-(with tax)
  ◇61×91 cm  ¥308,000-(with tax)
  ◇91×152 cm ¥803,000-(with tax)

文様のご紹介

菊・竹・梅・蘭など、厳寒の中でも美しく佇む植物の文様で、高い精神性を表しています。
植物の中を舞う蝶は幾度も姿を変える生態から、復活・不老不死の願いが込められてきました。

Design no.073B
  博古文氈

■IMPERIAL LINE

■Size 61×122 cm
■Price ¥462,000-(with tax)

文様のご紹介

陶磁器や銅器・玉器などの古器物を配したデザインで、清雅高潔の喩えとされています。多くの宝を有することは幸せを呼ぶと信じられていました。

Design no.119B
  明式纏枝蓮花文氈

■IMPERIAL LINE

■Size 61×122 cm
■Price ¥440,000-(with tax)

文様のご紹介

蓮の花と唐草の文様です。蓮は天に咲く花という言い伝えもあります。
唐草は無限を意味し「代々栄えるように」という願いが込められています。

Design no.041(858)
  藍地明式草龍文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥376,200-(with tax)

**その他のサイズ**
  ◇55×75 cm  ¥206,800-(with tax)
  ◇61×91 cm  ¥282,700-(with tax)
  ◇91×152 cm ¥704,000-(with tax)
  ◇91×183 cm ¥847,000-(with tax)

文様のご紹介

植物と龍が一体化したデザインです。
古来龍は最高位の神獣であると共に、力・善の守護神でもありました。

Design no.061
  明式纏枝蓮花文氈

■Size 61×122 cm
■Price ¥418,000-(with tax)

文様のご紹介

蓮の花と唐草の文様です。
蓮は幸福を、唐草は永遠を表し、幸福と繁栄がいつまでも続くことを願った意匠となります。




_________



「うちの玄関にはどのサイズ?」__と思われる方



_________





posted by MUNI |

ー 玄関敷き選びのご参考に ー

2023年6月25日



玄関敷き選びは、カーペットと間口とのサイズ感で迷いませんか?

そんな時には、このサイズ見本をご覧ください。
間口の広さごとで、 MUNI CARPETS を敷いたサイズ感をご覧いただけます。

ご自宅玄関にぴったりの玄関敷きのサイズを、是非見つけて下さい。


__________________





















__________________



__________________



posted by MUNI |

雑誌掲載情報 Casa BRUTUS特別編集「居心地のいい家具。NEW STANDARD」

2023年6月22日

「Casa=家」を中心に、建築・デザイン・アートなど様々なジャンルの事柄をボーダレスに紹介し、
人生を楽しむことをテーマに取り扱っている雑誌、Casa BRUTUS。

現在発売中の、
Casa BRUTUS特別編集「居心地のいい家具。NEW STANDARD」にMUNI CARPETSが掲載されました。
中目黒のデザインギャラリーLICHTの須摩光央さんによる巻頭特集で、
数々の名品家具とともにご紹介いただいています。

是非お手に取ってご覧ください。

posted by MUNI |

MUNI南青山本店より ~シミ取りワークショップ開催のお知らせ~

2023年6月15日

コーヒー、ワインなど「何かこぼしてしまったらどうしたらよいですか?」また、ペットの粗相のときは…?
カーペットをお使いになるにあたって、皆さまの最大のご心配事ですよね。

快適で安心したカーペットライフをお過ごしいただけるよう、
MUNI南青山本店では、シミ取りワークショップを開催いたします。

気づかずに付いてしまいそのままになっていたシミも、大丈夫。
知っていれば安心!の簡単なコツをわかりやすくお伝えいたしますので、どうぞお気軽にご参加ください。
MUNIのカーペットをご検討中のかたも、大歓迎です!

これから来る素足のシーズンに向け、カーペットをお手入れしてさっぱりさせませんか?
皆さまからのご連絡、お待ちしております。


■日時:7月15日(土) 13時半~14時半
■場所:MUNI南青山本店
    港区南青山4-1-15 ベルテ南青山102
■完全予約制(定員あり)
■お申し込み先
 TEL:03-5414-1362
 Mail:gallery@muni.co.jp

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI ”エレガントな佇まい”

2023年6月11日


ホームフィッティングサービスにてアイボリー地にブルーの幾何学文様のカーペットをご決定下さったK様ご夫妻。

朝・昼・夜と、一日のなかでの時間帯を変えてお撮りくださったリビングのお写真と共に、インタビューの内容をご紹介いたします。

カーペットの中のブルー濃淡のカラーに合わせて新たに設えられた抽象画とクッションが秀逸なハーモニーを奏で、唯一無二の空間となりました。
時間帯により変わる表情の移ろいが美しく、また、磨き上げられたシャープでモダンな感性のなかにも、温かな人間味が織りなす空間の心地よさがお写真からも伝わってきます。

Morning time/朝
Day time/昼
Night time/夜



<以下インタビュー内容 (Q&A形式)>

Q: この度リビングにカーペットをご検討になられたきっかけはどのようなものだったのでしょうか?
A:  (奥様)21年住んだ家から新しい家への引っ越しです。長年定期購読しているインテリア誌『I’m home』の中にMUNIさんのカーペットを見かけ、引っ越しの折には絶対に!と心に決めていました。

Q: インテリアのイメージや方向性はございましたか?
A: (ご主人様) 『モダン&シンプル』、ひとことで表すと『エレガント』がキーワードでした。それはこれまでずっと一貫しています。

Q: ご検討の候補はどういったものだったのでしょうか?
A: 
(奥様)決定した直線的な幾何学文様のものと、同じ地色で曲線的な幾何学文様の2枚です。どちらも捨てがたく最後の最後まで迷いましたが、ボーダー(縁取り)が好みな方に決めました。

Q:  MUNI CARPETSを初めてご覧頂いた際のご印象はどのようなものでしたか?
A: (ご主人様) モダン&シンプルだと感じました。家内のコンセプトの好みそのもので、彼女が長年憧れていたことに合点がいきました。

Q:  K様の思われるMUNIの魅力は何ですか?
A: (ご主人様・奥様) 上品で格調高くて存在感があって・・・。デザイン、色、質感すべてが魅力です。

Q: 実際に設えていただき、いかがですか?
A: (奥様) とーっても満足しています♪
(ご主人様)ときどき孫が遊びに来るのですが、気持ちいいと言ってMUNIさんのCARPETに頬ずりするほどですよ。



K様ご夫妻、貴重なお時間を割いて頂き、また、嬉しいお言葉の数々を頂戴し誠に有難うございました。
朝・昼・夜と、陽光と照明とで表情を変える空間は、時の流れもとても美しいのだろうと感じました。

お求めいただきましたMUNI CARPETを、今後とも皆さまでお愉しみ頂けましたら大変嬉しく存じます。


posted by MUNI |

MUNI南青山本店よりお知らせ ~Tiny Corner~

2023年6月9日

このたびMUNI南青山本店では、お店の一角に”Tiny Corner”という小さなコーナーを設けました。

Eclectic(折衷)なスタイルは、MUNI styleの真骨頂。
テーマごとに、MUNI Carpetsと様々なブランドのアイテムとのコラボレーションから生まれる、
思いがけない世界の広がりを感じていただけます。

初回のテーマは「アーバンナチュラル」。
MUNI Carpetsと北欧家具、Bang&Olufsenのスピーカーを合わせ、
上質な音楽と家具に身をゆだねる時間をイメージしてコーディネイトをつくりました。

今後も様々なコラボレーションを予定しています。
是非お店に体感しにお越しください!心よりお待ちしております。

***今回のセッティングのテーマ***
   「アーバンナチュラル」

<使用アイテム>
*スパニッシュチェア
  ブランド: Fredericia
  デザイナー:ボーエ・モーエンセン 
 ボーエ・モーエンセンがスペインを旅した際のインスピレーションから生まれた、デザイン史に残る名品です。
 程よいレザーのホールド感、幅の広い肘掛けにはコーヒーや新聞なども置けて、見た目以上に抜群の座り心地。
 是非ゆっくりと腰かけてみてください。

*BMO488S コーヒーテーブル
  ブランド:CARL HANSEN&SON
  デザイナー:ボーエ・モーエンセン
 1958年に誕生したこちらは、もとはベッドサイドに置くものとして考案されました。
 色々な使い方を提案していくことを念頭に置いてデザインされた、ミニマムなシルエットの名品です。


*BEOSOUND2
  ブランド:Bang&Olufsen
  デザイナー:Torsten Valeur(David Lewis Designers)
 素材にアルミニウムを採用したマルチスピーカー。どこに置いても部屋の隅々まで360°サウンドが届く設計。
 美しいデザインは、スピーカーの領域を超えている。 


*MUNI CARPETS
  Design No.050A 91x183cm
 牡丹と龍が幾何学的に描かれた一枚。天然藍の濃淡で描かれたデザインは、シック且つエッジのきいた雰囲気。

posted by MUNI |

news letter vol.43 : 玄関(エントランス)、それは・・・

2023年6月1日


MUNIでは、月に1度メールマガジンをお届けしています。
その内容をこちらでも紹介させていただきます。
過去のアーカイブはこちらから


今号は、多くの方からお問い合わせを頂戴する「玄関敷き」について。

そもそも「お玄関」とは何ものなのか。
そして皆さまの大きな関心ごとでもある「玄関敷きとは」。また、その役割について。
MUNI が家の空間の中でもとりわけ大切にしている「お玄関」のポジションとともに、お話ししてまいります。



訪れるひとに安らぎを、 去り行くひとにしあわせを

PAX INTRANTIBUS
SALUS EXEUNTIBUS


中世の風情を色濃く残す城塞都市、ドイツ・ローテンブルグ市のジュピタール門に刻まれているラテン語の碑文です。

羽田空港ターミナルのアトリウムの壁にも刻まれており、空の玄関口に相応しい、温かくて素敵なことば。自宅の玄関にも刻みたいと思うほどです(笑)。
(日本空港ビルディング株式会社様は、顧客満足理念として “PAX INTRANTIBUS  SALUS EXEUNTIBUS” の言葉を掲げていらっしゃいます)

  「玄関」は、「建物の入り口」としては世界共通なのですが、家相や方位などを大切にする日本人にとっての「玄関」とは、精神性も併せ持った、なにか象徴的な位置付けがあるのではないでしょうか。

 「結界」としての「玄関」

 「玄関」とは「結界」であり、ハレ(聖域)とケ(俗域)を隔てるもの。 
「結界」とは、仏教とともに日本に入ってきた、空間の領域を設定することばです。
のちに密教の影響を受け、「結界」の内側が浄域(聖域)、外側を不浄域(俗域)という意味も加わったといいます。
日本古来の信仰である神道においても同様の考え方があり、鳥居やしめ縄などを結界とし、それより内側は浄化された神聖な領域であるということを表すそうです。

日本建築の襖、衝立、障子、縁側なども、内と外を区切る結界の一種です
また、茶道では、茶室に至る露地に客が立ち入らないようにとの目印として縄で結んだ石(関守石・留め石)、あるいは小石に差し渡した竹筒などを置いて、結界とします。
とりわけ、茶室の入口である躙り口(にじりぐち)は、俗世間(茶室の外)と聖なる空間(茶室の中)を隔てるための重要な結界です。
茶室における躙り口(にじりぐち)は、ご自宅における玄関の位置付けにつながるように思います。

日本庭園や茶室に見られる「結界」

玄関敷きの役割

 このように日本では、一般のご家庭においてもハレ(聖域)とケ(俗域)を隔てる「結界」としてのお玄関を、象徴的な位置付けとする考え方が古来より受け継がれてきました。

 そんなお家の顔である大切なお玄関に敷く玄関敷きは、床が固いから、足を拭きたいからという実用的な目的ではなく、ハレの場である家の象徴として、もしくは外と内の「結界」として、お玄関に玄関敷きを敷くという考えが広く定着していきました。
そして現代においてもその家を象徴する玄関インテリアになくてはならないものとなり、日々のお出かけとご帰宅、そして来訪者を温かく見守ってくれる、より身近な存在へとなっていきました。

MUNIの玄関敷き

 MUNI CARPETS の玄関敷きの意匠は全て、吉祥文を用いてデザインされています。
お家の玄関(外との結界)を守るものとしてMUNI の玄関敷きは相応しく、お玄関敷き選びの際には皆さまがご自身やご自宅に相応しい文様を選ばれ、その行程を大変楽しんでくださっています。

 MUNIは創業以来、30余年にわたり玄関敷きを大切に考えてきました。
それはMUNIが日本のブランドだからこそできる、日本の住宅やライフスタイルに対応したきめ細やかなサイズの調整や、色・デザインの開発などのアップデイトを続けることなのです。

サイズやデザインを含めると今や200種類にも及ぶ豊富なラインアップ、色の美しさ、そしてクオリティの高さで多くの皆さまにご支持を頂いております。
その意匠においても、魔除けの意味を持つ龍の文様や、お家の繁栄を意味する蓮の文様、永遠の幸福を意味する唐草文様など、吉祥文様が描かれたデザインはお家の顔である玄関に相応しく、洗練された玄関インテリアの設えに一層の美と格調を添えます。
つい最近も「吉祥文様の意味通りに、幸せを運んでくれました」という嬉しいお声を頂戴したばかりですが、お客様お一人お一人の想いを文様に乗せ、親しみを持ってお使いいただけるのがMUNIの玄関敷きなのです。

今後もMUNIは、皆さまの大切なお玄関を美しく彩り、ワクワクするような魅力的な玄関敷きを制作し、お届けしてまいります。



~玄関敷きをお探しの方へ~

 お玄関の間口・奥行きのサイズと、簡単なお写真をお見せいただけましたら、MUNIのカーペットコンシェルジュがベストな一枚をご提案させていただきます。

 MUNIの玄関敷きは、皆さまを日々見守り、お客様を温かく迎えます。


メールマガジンのご登録はこちらから

posted by MUNI |

ARCHIVE