MUNI CARPETS

芦屋で初めての展示会

2021年9月30日

大人が楽しめる粋なインテリア・コーディネートを提案する
芦屋のコーディネートショップ・itten(イッテン)でMUNI CARPETS展を初開催いたします。

この度、リビングサイズ、エントランスサイズの豊富なラインナップをご用意しております。

イッテンオーナーの光本敦子さんは、コーディネートを提案するスペシャリストです。
お部屋全体のイメージをお伝えいただくと、光本さんが相談にのってくださいます。
可能でしたら是非お部屋のお写真やサイズをお持ちになってお出かけください。

充実のデザイン・ラインナップを取り揃えてお待ちしております!

開催期間:10月1日(金)ー17日(日)
開催場所:itten-イッテン JR芦屋駅から徒歩2分

http://www.ittena.com

posted by MUNI |

MUNIでお月見

2021年9月19日

21日は中秋の名月。
満月を拝むことは出来るでしょうか?

少し前に#花とMUNIとしてお客様のからお送り頂いたお写真が、
まるで、静かな夜に空を見上げるお姿が目に浮かぶよう!でしたので、満月の夜に向けて再度ご紹介させて頂きます。


「お花とワイン。
いつもは玄関に敷いている
MUNIを移動させて
お酒を飲む設えに。

音楽のお供は
久しぶりに
マレイペライアの
バッハ協奏曲。」

(@freebird0128様の投稿から抜粋)

お花とワインと音楽を用意して!
夜空を見上げてみませんか?

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI

2021年9月17日

まだ暑い盛り、オリンピックが盛り上がりを見せていたころ、カーペットのご納品させていただきました。
5、6年ほど前からMUNIへの思いを温めてくださっていたK様。
お子様が独立され、環境も変わられたため満を持してのご来店でした。
ちょうどホワイト地のものを思い描かれていたそうで、お広げしたカーペットを一目見て気に入ってくださいました。

ラグを敷くリビングは、窓が2面のとても明るいお部屋。
住宅街から都心まで一望でき、この眺めもK様のお気に入りだそうです。
昔からお使いの英国調の家具と、少し前に新しくされたというグレーのスクエアのソファの組み合わせが、
クラシックとモダンが融合していてとても素敵です。

そこに新しく加わった、ホワイト地の草龍文様のカーペット。
中央のメダリオンは、龍を簡略的に図案化した「拐子龍」と呼ばれるモチーフです。
つながり途切れぬよう円形で描かれた図案は、無限の幸福をあらわします。
更にそのまわりを囲むように4頭の草龍文様が配された、明代の非常にクラシカルなデザインです。

当時のものは地色がゴールドベージュになり、華やかで重厚感のある雰囲気でしたが、
MUNI CARPETSでは、軽やかなホワイトベースにすることで
古典文様のタイムレスな美しさが一層際立つようになりました。
格調高さを感じさせつつも親しみやすさもあり、お部屋のインテリアとも相まって、とても素敵です。

お友達を招いてお食事されることが何よりも楽しみ、とお話してくださったK様。
早く落ち着いて、気兼ねなく楽しめる日がきますことをお祈りしつつ、
是非こちらのお部屋でのひとときを心地よくお過ごしいただけますように。

posted by MUNI |

カーペットにまつわるお話 ~「明」の美意識~

2021年9月5日

MUNIでは、月に1度から2度メールマガジンをお届けしています。
その内容をこちらでも紹介させていただきます。


「明」の美意識   Ming Style

 永い中国絨毯の歴史のなかで一際気品に満ち、洗練された絨毯の一群。それが、日本の美術工芸にも深く影響を与えた明末期から清初期(16~18世紀)に宮廷への献上品として製織された「クラシカル・チャイニーズ・ラグ」と呼ばれる絨毯であり、MUNI CARPETSのルーツです。

|明の時代背景 

 「明(みん)朝」は、モンゴル帝国の末裔である「元(げん)朝」に代わって、漢民族が興した王朝です。時代にすると1368年から1644年。300年程続いた最後の漢民族の王朝で、日本では室町時代・安土桃山時代・江戸時代にあたります。
 1644年に少数騎馬民族である満州民族の清王朝が台頭するまでの300年間に、中国の文化芸術が洗練の頂点に達したと言われます。
なぜなら、中国の長きにわたる歴史の中で、代々の漢族の文化を継承しながら進化した文化の結晶だからなのです。



|普遍的な明スタイル 

    「簡素美」という表現に代表される明の美意識は文人文化が色濃く表れています。明時代の文人  文 震亨が著した《長物志》には、「雅」と「俗」、今風に言うと「イケてる」「イケてない」で表現したライフスタイルが綴られています。この時代にそんな本があったとは驚きです。
当時先進国であった明の芸術文化は、日本人にとって憧れでした。
 明の陶器、裂(きれ)や書画は日本の茶人や戦国大名たち垂涎の的となり、現代の茶道界においても、「唐物(からもの)」「名物裂」として珍重され続け、日本文化に浸透してゆきました。

明の美意識は、知らず知らず現代日本人のDNAに入り込んでいると言ってもよいでしょう。クラシカル・チャイニーズ・ラグをルーツとするMUNIのラグが日本の皆さまに親しみを感じて頂ける所以です。

名物裂:大徳寺弧篷庵蔵


|モダンデザイン不朽の名作の元は…

 明の「簡素美」を体現した家具、とりわけ官吏(官僚)たちが使った実用的な椅子は、ヨーロッパにも影響を与えました。 デンマークの家具デザイナー・ハンス J ウェグナーは、1943年に明の「圏椅(チュェン・イ)」という椅子を本で目にしてインスパイアされたと言われています。圏椅は、官吏が座っていた椅子で、英語では、circle back chairまたはhorse-shoe armchairと呼ばれます。 

明の「圏椅(チュェン・イ)」


 ハンスJウェグナーが圏椅をリデザインし1945年にフリッツ・ハンセン社から発売された「チャイニーズチェア」は、その後も何度となくリデザインを繰り返し、現在ではコレクターズアイテムとなっています。

チャイニーズチェア__ 出典:『DANISH CHAIRS』 by Noritsugu ODA



 このチャイニーズチェアを元にさらにシンプルにすることで、1950年、ウェグナーの求めた形にたどり着きました。
背面の支柱がYのような特徴的形状であることから通称: Yチェアとして親しまれ、モダンデザインの不朽の名作となったのです。

 Yチェアの美しい形の元をたどれば、 明の美意識に辿り着きます。
一時的な時代のブームではなく後代まで、国を越えて影響を与え続けているのが、明のスタイルです。

Yチェア __ 出典:『DANISH CHAIRS』 by Noritsugu ODA



よろしければ是非、メールマガジン購読をご登録ください
お申し込みは、ホームページtop一番下のボタン「MAIL MAGAZINE」からお願い致します。

posted by MUNI |

シミュレーションサービス ご利用事例

2021年8月22日

この度ご紹介させて頂きますのは、富山県にお住いのS様。

ご自宅の大変シックでモダンな玄関ホールにMUNI CARPETSをご検討いただき、

シミュレーションサービスのご利用を承りました。

以下ヒアリングさせていただいた内容です

  • 以前より、サイズ80 x 120cmのカーペットを玄関ホールにお設えでしたが、サイズが少し小さいかもと気にされておられました。

  • 床材にご使用されているマホガニー材に傷がつかないように、そして広い上り框とのバランスを考慮され、ゆったりと少し大きめのサイズが良いとのご要望をいただきました。

そこで、MUNI CARPETSの豊富なサイズから、91 x 183cm と 137 x 198cm の2種類のサイズよりシミュレーションサービスを行わせて頂きました。

事前にMUNI CARPETSのウェブサイト上でご覧頂けるカタログやMUNI CARPETSのインスタグラムをご覧頂いていたとのことで、その中からS様のご希望のデザイン中心に合成画像をご用意させて頂きました。

合成画像 1
サイズ 91 x 183cm デザインNo. 009B
合成画像 2
サイズ 91 x 183cm デザインNo. 041(858)
合成画像 3
サイズ 91 x 183cm デザインNo. 041(801)
合成画像 4
サイズ 137 x 198cm デザインNo. 061
合成画像 5
サイズ 137 x 198cm デザインNo. 009A
合成画像 6
サイズ 137 x 198cm デザインNo. 136

上質なマホガニーをご使用された床やシックなインテリア等、S様のこだわりの詰まったお玄関。

そして、ご覧いただいた合成画像の中からこの度S様にご決定頂きましたのは、
龍と植物の一体化した“草龍文”と呼ばれる文様を使用したこちらの御品。

こちらのデザインは、S様とのメールのやり取りの中で、ご要望いただいていたデザインとなります。

メールでお伺いしたところ、お玄関は南向きであり、南の山の中腹には大変縁起の良い龍神の雲がかかるとのことで、
龍の文様を使用したこちらのデザインがシンプルで斬新で、一番グッときたと仰られていました。

この度、S様にシミュレーションサービスをご利用いただき、ご満足いただける御品をご案内させていただけましたこと、
大変幸甚に存じます。



◆ MUNI のカーペットマジック、体験してみませんか◆

お客様のお部屋のお写真をいただけましたら、このように画像合成にてカーペットを敷きこんだシミュレーションサービスをさせていただきます。

是非、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはMUNI CARPETSのウェブサイトのお問い合わせフォームより承ります。

お待ちしております!

posted by MUNI |

MUNIのある暮らし

2021年8月14日

平素よりMUNI CARPETSをご愛用頂いている那覇市にお住いのY様。

この度メールとお電話でのご相談を承り、

デザインNo.057C(雲鶴文様のカーペット)をお求めいただきました。

その後Y様より大変素敵で有難いお写真とコメントをいただきましたので、

ご紹介させていただきます。

以下、Y様よりお送りいただきました実際の

お写真とコメントとなります。

写真1

私の朝は、ベッドサイドの草龍文のラグから始まります(写真1)。

そっと素足を乗せると、柔らかでさらりとした感触が目覚めにいざなってくれます。

写真2

横を向けば姿見があるので、そこは着替えのスポットにもなります(写真2)。

写真3

鹿のクッションは額縁に入った絵画のようです(写真3)。

でも絵画と違って、手で触れられるところが更なる魅力です。 神の使いである鹿が吹き出す、幸運の文様をそっと撫でて、おすそ分けをもらってから出かけます。

写真4
写真5
写真6
写真7

そこに最近加わったのは、IMPERIALでありながらポップな鶴のラグ(写真4~7)。

大ぶりの文様が玄関をより広く見せ、家全体にまで品格を与えてくれました。

玄関の扉を開けるたびに、藍の香りもほんのり漂って鼻をくすぐります。

写真8
写真9
写真10
写真11

休日には家のあちこちに運んで、アートとしてコーディネートを楽しんでみました(写真8~11)。

お気に入りのシノワズリの家具とも相まって憧れのリュクスな空間に仕立ててくれます。

窓から降り注ぐ夏の日差しに文様がICY BLUEに浮き立って、瞳にも涼し気です。                     

                                  以上

MUNIを生活に取り入れて下さり、日々その感触を五感でお楽しみいただいているY様。

お送りいただいたお写真とコメントを読ませていただき

とても幸せな気持ちになりましたので、この度ご紹介させていただきました。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life With MUNI

2021年8月9日

ご納品後、お客様宅のお写真を拝見するのは、私たちスタッフにとってとても嬉しい瞬間です。

先日お求めくださったH様は、
長らくMUNI計画を温めて下さっており、「リビングには藍系を」と決めていらしたそうです。

Instagramなどの画像を沢山集めてくださるなかで、“藍濃淡のラグと水色の博古文の色合わせ”が印象に残ったとのこと。
藍濃淡の蓮丸文と、博古文のスモールラグを店頭にいらして即断してくださいました。
思い描かれていた通りの色合わせが実現したようです。

お求め前のH様の最大の懸念事項は犬のメイちゃんのことでした。
ライバルがやって来たと思っていたずらするのではないかと(笑)。

そのご心配は杞憂に終わり、到着直後から、カーペットから全く離れてくれなくなったそうです!良かった!!


お客様とお話して感じるのは、長らくご検討くださった末にお求めくださるお客様が多いということ。
「ずっとずっと欲しいと思っていた」
というH様の言葉の重みを、身の引き締まる思いで受け止めさせて頂きました。


さらに嬉しかったのは。
ご一緒に来店されたお嬢様が、既に「私も将来欲しい」と言ってくださっているということ!
MUNIが入ったことでお部屋の様子が変わったこと。
MUNIが入ったことでお母様が幸せなお顔をされていること。
それは、お嬢様からしても嬉しい出来事であったのではないでしょうか。

posted by MUNI |

リビングサイズのデザインの紹介

2021年8月4日

早いもので、8月が始まりました!

今年の夏は、居間でゆっくりオリンピック観戦をされている方も多いのではないでしょうか?
先月も「オリンピックをMUNIの上で観たくて…」と仰ってくださったお客様がいらっしゃいました。
私たちにとってはご褒美のような、とっても嬉しくなるコメントです。ありがとうございます。

さて本日は、リビングサイズのデザインのご紹介。
柔らかなベージュの地色に、可憐な花蝶文様の大判のカーペットが入荷致しました。
カーヴィーなメダリオンには不思議な求心力があり、動きのある花蝶文がいっそう豊かに、華やかに見えます。

Size 183x274cm Design No.076C
お問合せ先>MUNI南青山本店(TEL:03-5414-1362 Mail:gallery@muni.co.jp

例えば、ホワイトが基調のモダンインテリアに合わせると、意匠の華やかさが引き立ち素敵でしょう。傍にガラスのテーブルやスチールの脚の椅子など、硬質な素材感の家具があると、素材感の対比でウールの質感が強調され、リュクスで洗練された雰囲気が漂います。
ナチュラルなウォルナットが基調のミッドセンチュリースタイルのお部屋に置くと、細いラインで描かれた菊と蝶の繊細さが際立って、奥ゆかしく上品な印象になりそうです。

凝ったデザインだからこそ、置く場所によって様々な表情を見せてくれそうで、想像するだけでも楽しくなりますね。


お家時間を楽しくするカーペット。
足下に好きなデザインがあるだけで、何だか嬉しくなってしまったり…寝そべって寛ぐ時間も、充実感が違います。
厳しい暑さの夏だからこそ、お部屋の中を心地よくして、リラックスしてお過ごしください。

 

posted by MUNI |

カーペットにまつわるお話 ~世界で愛される装飾文様 “雷文”~

2021年8月1日

MUNIでは、月に1度から2度メールマガジンをお届けしています。
その内容をこちらでも紹介させていただきます。

 この文様は、【雷文】(らいもん)と呼ばれる文様であり、雷=稲妻を表しています。
単独ではなく、連続させてボーダー(縁取り)の装飾文様として用いられます。
古では恵みの雨を天に願ったことから、稲妻は雨をもたらし、万物への恵みをもたらすという意味が込められています。

ヨーロッパにおける雷文

 雷文は、中国はもとより、ギリシア、ローマの建築物や調度品などに多く取り入れられている普遍的なもので、
“Greek key(グリーク・キー)”または“Meander (メアンダー)”と呼ばれ、世界的に愛されている装飾文様です。
新石器時代にバルカン地方のドナウ川流域のトリポリエ文化・ディミニ文化において土器の装飾文様として始まり、
ギリシアの幾何学紋様として開花しました。

“Greek key”または“Meander” が意味するのは、雷の場合もあれば、基本方位(東西南北)や四季を表したり、
あるいは、友情・絆、永遠を表す場合もあります。
「萬字」文様と組み合わさっているもの(swastika meander pattern)も多く見られます。

パリの凱旋門にあしらわれた雷文
大理石の床、椅子やキャビネットの飾りなどなど
出典: 『THOMAS PHEASANT   SIMPLY SERENE』
ローマモザイクや、壺の図柄など、随所に見られます。
出典: 『THE MOSAICS OF JORDAN』
建物の装飾 (写真はHERMES東京・丸の内店)


日本における雷文

 1910年に日本で最初の中華そば(ラーメン)店がオープンしたときのこと。
当初は和食用のどんぶりを兼用していたらしいのですが、次第にラーメン人気が広がり、浅草・かっぱ橋にある九谷焼を扱う陶器卸専門店に「中華らしい器を作って欲しい」と依頼したところ、陶器店の店主が、試みで器の淵に【雷文】を施したのだそうです。すると、ラーメンの普及とともに、雷文を施したどんぶりも日本中に広まったと聞きました。
このことが発端となり、日本においては、「雷文=ラーメン」という図式がすっかり定着しているのですから、驚くべき影響力です。

 しかしながら、ラーメンの普及の遥か前、室町時代から、日本では家紋として雷文が使われていました。そのバリエーションは、48種にも及びます。家紋は日本が誇る素晴らしいデザイン文化ですね。その発想、完成度の高さ、そしてユーモアには目を見張るものがあります。

稲妻紋のバリエーション 出典: 『日本の家紋大全』


| クラシカルチャイニーズラグにおける雷文

 改めて、MUNIのカーペットにおける雷文を見てみましょう。
カーペットを引き締めるボーダー(縁取り)として、こちらにも、あちらにも、雷文。太いものあり、細いものもあり。
その全てに、豊穣への願いが込められています。



| 番外編

 先日、東京の浅草に行きましたら、橋の欄干に雷文があり、ついパチリと撮りました。有名な雷門(かみなりもん)の近くなので、その繋がりかも知れません。

吾妻橋の欄干

 街中で気にしながら見ていると、日本でも意外にたくさんの雷文を発見することが出来ます。
この夏、ゴロゴロゴロゴロ、、、と雷鳴が轟いたら、豊穣への祈りを込めた雷文を思い浮かべてください。
今回も、最後までお読み頂き、有難うございました。


■2021年2月1日号にて、「文様のあれこれ」vol.1の特集を組みました。
併せてご覧くださいませ。
https://muni.co.jp/blog/4220/


よろしければ是非、メールマガジン購読をご登録ください
お申し込みは、ホームページtop一番下のボタン「MAIL MAGAZINE」からお願い致します。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life With MUNI

2021年7月19日

梅雨明けの夏空の日、東京都内のお寺様へご納品に伺いました。
超高層ビルの谷間に佇むこのお寺は、山門をくぐった途端不思議なほどに涼やかな風が吹き抜けており、
数メートル向こうにある幹線道路とは明らかに体感温度が違いました。


この度は、玄関から本堂へと通じる廊下に合わせてサイズオーダーでのご注文を頂きました。
黒光りするほどに磨かれた床に明るい藍濃淡の蓮花のランナーカーペットを敷くことで、
重厚感はそのままに、その空間には瑞々しい若さが加わりました。

オーダーをお受けしたとき、歴史あるお寺様の空間にはやや明るすぎるのでは?
という一抹の懸念があったのですが、
ご納品の最中、たくさんの若いお坊さんたちがお忙しく行き来され、
その方々に、カーペットの明るい藍濃淡がとても良くお似合いだったのです。

お客様は、日常最もよくこのカーペットの上を通るであろう若いお坊さんたちのお顔を想い浮かべながら
この色を選ばれたのだろうと合点しました。


東京ではちょうど、ご先祖様をお迎えするお盆の期間。
オーダーをお受けした1年前も、今回のご納品の際も、
カーペットのモチーフである「蓮」が真っ盛りの季節であったことを嬉しく思いました。
気持ちよく整えられた境内にも良い「気」が満ち溢れており、
個人的にもまた訪れてみたいオアシスのようなお寺です。

posted by MUNI |

ARCHIVE