MUNI CARPETS

ー 玄関敷き選びのご参考に ー

2023年6月25日



玄関敷き選びは、カーペットと間口とのサイズ感で迷いませんか?

そんな時には、このサイズ見本をご覧ください。
間口の広さごとで、 MUNI CARPETS を敷いたサイズ感をご覧いただけます。

ご自宅玄関にぴったりの玄関敷きのサイズを、是非見つけて下さい。


__________________





















__________________



__________________



posted by MUNI |

雑誌掲載情報 Casa BRUTUS特別編集「居心地のいい家具。NEW STANDARD」

2023年6月22日

「Casa=家」を中心に、建築・デザイン・アートなど様々なジャンルの事柄をボーダレスに紹介し、
人生を楽しむことをテーマに取り扱っている雑誌、Casa BRUTUS。

現在発売中の、
Casa BRUTUS特別編集「居心地のいい家具。NEW STANDARD」にMUNI CARPETSが掲載されました。
中目黒のデザインギャラリーLICHTの須摩光央さんによる巻頭特集で、
数々の名品家具とともにご紹介いただいています。

是非お手に取ってご覧ください。

posted by MUNI |

MUNI南青山本店より ~シミ取りワークショップ開催のお知らせ~

2023年6月15日

コーヒー、ワインなど「何かこぼしてしまったらどうしたらよいですか?」また、ペットの粗相のときは…?
カーペットをお使いになるにあたって、皆さまの最大のご心配事ですよね。

快適で安心したカーペットライフをお過ごしいただけるよう、
MUNI南青山本店では、シミ取りワークショップを開催いたします。

気づかずに付いてしまいそのままになっていたシミも、大丈夫。
知っていれば安心!の簡単なコツをわかりやすくお伝えいたしますので、どうぞお気軽にご参加ください。
MUNIのカーペットをご検討中のかたも、大歓迎です!

これから来る素足のシーズンに向け、カーペットをお手入れしてさっぱりさせませんか?
皆さまからのご連絡、お待ちしております。


■日時:7月15日(土) 13時半~14時半
■場所:MUNI南青山本店
    港区南青山4-1-15 ベルテ南青山102
■完全予約制(定員あり)
■お申し込み先
 TEL:03-5414-1362
 Mail:gallery@muni.co.jp

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI ”エレガントな佇まい”

2023年6月11日


ホームフィッティングサービスにてアイボリー地にブルーの幾何学文様のカーペットをご決定下さったK様ご夫妻。

朝・昼・夜と、一日のなかでの時間帯を変えてお撮りくださったリビングのお写真と共に、インタビューの内容をご紹介いたします。

カーペットの中のブルー濃淡のカラーに合わせて新たに設えられた抽象画とクッションが秀逸なハーモニーを奏で、唯一無二の空間となりました。
時間帯により変わる表情の移ろいが美しく、また、磨き上げられたシャープでモダンな感性のなかにも、温かな人間味が織りなす空間の心地よさがお写真からも伝わってきます。

Morning time/朝
Day time/昼
Night time/夜



<以下インタビュー内容 (Q&A形式)>

Q: この度リビングにカーペットをご検討になられたきっかけはどのようなものだったのでしょうか?
A:  (奥様)21年住んだ家から新しい家への引っ越しです。長年定期購読しているインテリア誌『I’m home』の中にMUNIさんのカーペットを見かけ、引っ越しの折には絶対に!と心に決めていました。

Q: インテリアのイメージや方向性はございましたか?
A: (ご主人様) 『モダン&シンプル』、ひとことで表すと『エレガント』がキーワードでした。それはこれまでずっと一貫しています。

Q: ご検討の候補はどういったものだったのでしょうか?
A: 
(奥様)決定した直線的な幾何学文様のものと、同じ地色で曲線的な幾何学文様の2枚です。どちらも捨てがたく最後の最後まで迷いましたが、ボーダー(縁取り)が好みな方に決めました。

Q:  MUNI CARPETSを初めてご覧頂いた際のご印象はどのようなものでしたか?
A: (ご主人様) モダン&シンプルだと感じました。家内のコンセプトの好みそのもので、彼女が長年憧れていたことに合点がいきました。

Q:  K様の思われるMUNIの魅力は何ですか?
A: (ご主人様・奥様) 上品で格調高くて存在感があって・・・。デザイン、色、質感すべてが魅力です。

Q: 実際に設えていただき、いかがですか?
A: (奥様) とーっても満足しています♪
(ご主人様)ときどき孫が遊びに来るのですが、気持ちいいと言ってMUNIさんのCARPETに頬ずりするほどですよ。



K様ご夫妻、貴重なお時間を割いて頂き、また、嬉しいお言葉の数々を頂戴し誠に有難うございました。
朝・昼・夜と、陽光と照明とで表情を変える空間は、時の流れもとても美しいのだろうと感じました。

お求めいただきましたMUNI CARPETを、今後とも皆さまでお愉しみ頂けましたら大変嬉しく存じます。


posted by MUNI |

MUNI南青山本店よりお知らせ ~Tiny Corner~

2023年6月9日

このたびMUNI南青山本店では、お店の一角に”Tiny Corner”という小さなコーナーを設けました。

Eclectic(折衷)なスタイルは、MUNI styleの真骨頂。
テーマごとに、MUNI Carpetsと様々なブランドのアイテムとのコラボレーションから生まれる、
思いがけない世界の広がりを感じていただけます。

初回のテーマは「アーバンナチュラル」。
MUNI Carpetsと北欧家具、Bang&Olufsenのスピーカーを合わせ、
上質な音楽と家具に身をゆだねる時間をイメージしてコーディネイトをつくりました。

今後も様々なコラボレーションを予定しています。
是非お店に体感しにお越しください!心よりお待ちしております。

***今回のセッティングのテーマ***
   「アーバンナチュラル」

<使用アイテム>
*スパニッシュチェア
  ブランド: Fredericia
  デザイナー:ボーエ・モーエンセン 
 ボーエ・モーエンセンがスペインを旅した際のインスピレーションから生まれた、デザイン史に残る名品です。
 程よいレザーのホールド感、幅の広い肘掛けにはコーヒーや新聞なども置けて、見た目以上に抜群の座り心地。
 是非ゆっくりと腰かけてみてください。

*BMO488S コーヒーテーブル
  ブランド:CARL HANSEN&SON
  デザイナー:ボーエ・モーエンセン
 1958年に誕生したこちらは、もとはベッドサイドに置くものとして考案されました。
 色々な使い方を提案していくことを念頭に置いてデザインされた、ミニマムなシルエットの名品です。


*BEOSOUND2
  ブランド:Bang&Olufsen
  デザイナー:Torsten Valeur(David Lewis Designers)
 素材にアルミニウムを採用したマルチスピーカー。どこに置いても部屋の隅々まで360°サウンドが届く設計。
 美しいデザインは、スピーカーの領域を超えている。 


*MUNI CARPETS
  Design No.050A 91x183cm
 牡丹と龍が幾何学的に描かれた一枚。天然藍の濃淡で描かれたデザインは、シック且つエッジのきいた雰囲気。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI

2023年5月19日

メールでのやり取りをさせていただき、テラコッタブラウン&アッシュブルーの蓮団花文様のカーペットをリビングへお求めいただいたM様。

この度はM様より頂戴したとても素敵なリビングのお写真と共に、お時間をいただきお答えいただいたインタビューの内容をご紹介いたします。

<以下インタビュー内容 (Q&A形式)>

Q:この度リビングにカーペットをご検討になられたきっかけはどのようなものだったのでしょうか?
A:以前からリビングのカーペットはMUNIと決めておりました。MUNIを知った頃に新居が決まり、リビングやダイニングの家具やアートを一つずつ揃えていき、最後にそれに合わせて大きな面積を占めるカーペットを選びました。

Q:インテリアのイメージや方向性はございましたか?
A:新しいものと古いもの、様々な国のものをミックスしたスタイルが好きです。長く大切にしたいので、パーマネントなデザインや経年変化を楽しめるもの、メンテナンスできるものを選ぶようにしています。

Q:ご検討の候補はどういったものだったのでしょうか?
A:本当は倉敷のお店に旅行ついでにお伺いして選ぼうと思っておりましたが、それがコロナでなかなか叶わず…
オンラインやカッシーナの展示会で、まずは好みの柄から選ぼうと思いました。これと決めた柄からサイズを考えたのですが、思うようなバランスにならず、MUNIさんに直接メールでご相談致しました。
そうしましたら、我が家の写真に見事な合成写真を何パターンもの色柄・サイズで作成して下さいました。それを元に最も大事なのはサイズとなりまして、この正方形が作られている蓮か無地かで検討し、最終的にこの色柄となりました。

Q:最初にMUNIをお知りいただいたきっかけは何でしたか?
A:ものすごくセンスのいい友人のお宅に遊びに行ったところ、そのお宅の建築デザインやインテリア全てが私の好みで、そこに大小様々なMUNIがあったことが始まりでした。
その後すぐに今は廃盤となった一人掛けの椅子用のラグを購入し、いつかは大きなカーペットをと心に誓いました。

Q:MUNI CARPETSを初めてご覧頂いた際のご印象はどのようなものでしたか?
A:ひと目でわかる質の良さとどこの国のものなのかわからない、つまりどんなインテリアにも合わせることができる懐の深さを感じました。

Q:この度お求めいただいた作品のお気に入りのポイントがございましたら是非お聞かせください。
A:藍色のものと違い染めの個体差のある色を選んだので、どのような染め上がりかドキドキしておりましたが、私が思い描いていた通りの色のもので、とても気に入っています。

Q:実際にお設えいただき、いかがですか?
A:同じ空間でも、カーペットのサイズで広く見せることができるのだなと感じました。
そして、MUNIさんが作成して下さった合成写真とそのままのイメージで、遠方でも間違いのないものを選ぶことができたと思っております。いつも朝起きてソファで寝ていた子供達も、起きてきたと思ったらカーペットの上で寝て起きません(笑) ソファよりカーペットに座る方が気持ち良い!

Q:M様がこちらのお部屋で一番こだわっていらっしゃるポイントは何ですか?
A:長く大切にできるものをひとつひとつ選ぶことでしょうか。

Q:M様の思われるMUNIの魅力は何ですか?
A:とにかく心地良いこと。カーペット一枚で生活の質がこんなに変わるのかと驚いています。使えば使うほど艶が出ると伺っているので、とても楽しみにしています。

以上インタビューより

M様、お忙しい中インタビューにご協力をいただきまして誠に有難うございました。
お求めいただきました作品をご家族の皆様方と共に、末永く心地よくお楽しみいただけますと誠に幸甚に存じます。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI”愛犬のために始まったラグ選び”

2023年5月7日

広々としたリビングダイニングの床の余白部分を埋める形で、ベージュ色のMUNI CARPETSをお選びくださったA様。
ペットのワンちゃんがソファからダイニングスペースに移動する際床で滑ってしまうのを可哀そうに思ったことから、インターネットで調べてご来店くださいました。

A様邸のインテリアを構成するのは、グレー・ベージュ・ブラウンというアーシーでナチュラルなカラー。
ヴィンテージの家具や外国製のアーティストのポスターなどが美しいバランスで配置されており、随所にA様の審美眼が光ります。

さて、愛犬のためにお選びいただきましたカーペットは、橡と茜で煮出したとりわけ渋いベージュ色が特徴的です。
カーペットの地色が少し濃いブラウンの床によく馴染み、濃紺の蓮団花文が空間に程よいアクセントとパンチを加えているように感じました。

愛犬が床で滑ってしまうことをきっかけに、カーペットをお探しに。
Size 137x198cm Design No.009B

また今回初めてご覧になったMUNIをとてもお気に召して頂けたことから、リビングと同時にサファイアブルーが美しい無地のハーフランナーを玄関に、ブラウンがシックな幾何学文様のスモールカーペットも一緒にお納めしました。
ブラウンのカーペットはお嬢様のピアノの足下に設置させて頂きましたが、クリーム色のローランドのピアノと絶妙な色合わせがとても素敵でした!

インテリアはコーディネーターには任せず、全てご夫婦で選ばれているというA様。
それぞれのお好みは似ているところもあれば違いもありながらも、しっかり話し合われたすえに決めているのだそうです。お話通り、デザイン選びや配置について、おふたり一緒に楽しんで選ばれていく様子がとても印象的でした。

A様、このたびは本当にありがとうございました。
今後もMUNIのある暮らしをお楽しみいただけましたら嬉しく思います。

posted by MUNI |

ゴールデンウイークの営業について

2023年4月14日

平素よりMUNI CARPETSをご愛顧賜り、誠に有難うございます。
本年のゴールデンウィークは、以下のように営業いたします。

 2023年5月1日(月) 
   南青山本店・FC広島店 営業
   倉敷本社店 休業
 2023年5月2日(火)
   南青山本店・倉敷本社店・FC広島店 休業
   

店舗ごとに休業日が異なりますので、ご注意ください。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life With MUNI “以前からそこにあったようなカーペット”

2023年4月3日

建て替えられたばかりのご自宅のお引っ越しの仕上げに、
と南青山本店へカーペットを探しに来られたI様。

先日、ご自宅へご納品に伺ってまいりました。
3色のお色目をお持ちしたなかで、これ!となったのは、テラコッタブラウンのカーペット。
お広げした瞬間、お部屋全体に色気と華やかさが加わりました。
ご自身の直感はもちろんのこと、お嬢様に受け継ぐことを想定され、お嬢様のお好みも考慮されました。

海外での幾度かのお引越しのたびに移動させ、手直し・貼り替えを繰り返してきた重厚な家具や、お取り壊し前のご自宅から移築したステンドグラスや照明などなど、調度品のひとつひとつにストーリーがあり、それらの由来などお聞かせくださいました。

数日ののちI様にご連絡すると、 「新しい家のはずなのに既に馴染んでいるわね!」と、
近しいご友人が褒めてくださったとのこと。
また、「古いものたちを活かしてくれて本当に有難い」というお言葉を頂戴しました。

ストーリーと愛着ある品々とともに、I様のこれからの日々の傍らにMUNIが在れましたら光栄です。

posted by MUNI |

ご納品事例 Life with MUNI “時間から解放される空間”

2023年2月11日

整然と並んだ文学全集の蔵書を所有されるK様。

20年以上前から、ご自宅をお求めの暁にはMUNIをとお想いくださっており、
お引越しの翌週にご来店くださいました。

明るいトーンのメイプルの床を活かして、明るいお部屋にしたいと仰るK様がお選びになったのは、
藍色の蓮丸文がリズミカルなベージュ地のカーペット。
MUNIと言えば藍、ということで藍色地も候補に挙げられましたが
長く使っても景色のように馴染むのはこの色かなと、最終的にベージュ地にされました。

「広くない部屋ですが、カーペットを敷くことで生活空間が広がりました」
とK様。

“物理的な空間(たてx 横x高さによる空間)”とは別軸の、
“実際に生活する空間”が広がった、というご表現が斬新で印象的でした。
概念としては理解していたことですが、ことばにして改めて教えて頂いた思いです。

ご自宅のお写真とともに、
「床に溶け込みつつ確かな存在感があります。
絵も手元に置くと持ち主と一緒に育っていく感覚がありますが、カーペットも同じなのでしょうね。」
という、K様らしい、豊かでしなやかな文学的表現をお送り下さいました。

「最近はカーペットでまどろむようになってしまいました。
気づけば深夜になっていることもあり、いささか危険な日々を送っています。」
という微笑ましいコメントも。

ご納品直後から、旧友のように馴染んでくださっているご様子が伝わってきます。
是非、御身体冷やさぬように!お愉しみください。

posted by MUNI |

ARCHIVE