MUNI CARPETS

辻村 寿三郎さん

2009年6月4日

辻村寿三郎さんの作品を初めて目にしたのは、私がまだ学生の頃。
独特の世界観に最初は怖さも感じつつ、でも、一体一体に
寄せられた深い愛情に引き込まれて行ったことを覚えています。

寿三郎さんは、
〔美しいものや喜ばしいものは、人の中にある醜い面や
 悲しみの裏づけによって、美しいのであり喜ばしいのです。
 光があるから影があって、影があるからこそ光が際立つ。
 美しさも怖さも表裏一体です。〕
と、仰っています。

寿三郎さんの人形は、力があるのだけど、とても繊細で
ガラスの様にもろくも見えます。だけど、決して崩れない
力が内に込められているように私には見えるのです。

〔怖い〕、という印象を持つ方にも、一度じっくりと
その人形たちを見ていただければ、その奥に流れる
深い愛情を感じ取ってもらえるのでは、と思います。

写真は作品集の中から 獅子頭 を選んでみました。
寿三郎さんはどういった思いで獅子を作られたのでしょう…。

獅子は、MUNI の文様にもあり、大きな大きな守り神です。

(今回作品集の下に敷いたカーペットは、太陽の意味を持つ
 菊花と、復活の象徴である蝶の文様を配しており、
 優しさの中に力強さがある、とてもエレガントな一枚です。)

posted by MUNI |

ARCHIVE

CATEGORY