MUNI CARPETS

花は野にあるように・・・

2008年10月13日

利休は茶室に花を入れる時の心得をこう言い残しています。
季節の野草をそっと手折り自然の風情のまま茶室に生けて
客をもてなす。
どこかはかなげな趣きを「侘び」と称して美のやりとりを愉しみ
一服のお茶をいただくひとときは、まさに至福です。

そう言えば、今は亡き勅使河原宏さんが「野にあるように生け
よ」とは「自由奔放に生けよ」と解釈している、と物の本に書か
れていたのを思い出します。
利休は自由な感性の人であった、と。
後世の受け取り手によって、歴史はさまざまな推測と物語に
彩られて興が尽きません。

さて、夏の間手入れをさぼって荒れ野と化した庭の隅に渋い
色のつぼみをいっぱいにつけたホトトギスが、秋の風に乱れて
いるのをどっさり切ってきてMUNIの空間に生けてみました。
シックに華麗です。

posted by MUNI |

ARCHIVE

CATEGORY