MUNI CARPETS

汗をかきましょう

2008年10月2日

秋は乾燥した風と寒気の影響で、皮膚呼吸が60%ダウンするそうです。
風邪をひきやすいのも、寒くなったからというより、
やはり乾燥で粘膜がやられるからで、汗を出すことで、毛穴が開き粘膜が潤い、免疫力や抵抗力が落ちないそう。

愛読している寺門琢己さん(「骨盤教室」などの著者)の本で知り、この時期は、特にしっかりと湯船につかり、腰湯をします。
汗が沢山出て、気分もスッキリおすすめです。

また、皮膚と同じ呼吸器系の”肺”を養う、発汗、利尿作用がある辛味食材(大根、しょうが、ごぼう、こんにゃく、玉ねぎ、ぎんなん、さといも等)を積極的に取り入れるというのも、効果があるようです。

様々な”秋”を、元気に楽しみたいものです。

写真は、雨上がりの空。
光が差し込む様子に惹かれ、思わず撮影したものです。

posted by MUNI |

ARCHIVE

CATEGORY