MUNI CARPETS

涼のおしつらえ

2016年8月1日

穏やかな風情、凛とした空気の漂う
素敵なご趣味のお玄関は、M様のお宅です。

その中央で客人をお迎えする大役に選ばれたのは
慶びのたなびく瑞雲文氈。

MUNIの知と技術の粋を集めて制作するインペリアルラインの中でも、とりわけ品格と遊び心に溢れた作品です。
自然との調和、簡素美、という明朝時代の美意識は
日本の茶の湯に用いられる袱紗(ふくさ)や仕覆(しふく)、
表装などを作るのに用いられた明代の織物によって
日本人の美意識の中に自然に受け継がれています。

M様は以前から雑誌でMUNIをご覧くださっており
ご新居の完成に合わせてのご来店でした。
滅多と織り上がることのないこちらの一枚が
その機会にご覧いただけたのは
巡り合わせと思わずにはいられません。

吟味されたお道具の数々、
そしてさりげなく季節の空気を漂わせる丁寧なお心配りが
世界に二つとない、M様だけの美しい空間を築いています。

今後も長くご愛用いただけます様、心より、願っております。

diary2.jpg
085B_3x5up.jpg

posted by MUNI |

ARCHIVE

CATEGORY