MUNI CARPETS

団花文(だんかもん)

2013年10月21日

只今、青山店では団花文を用いた作品をディスプレイしております。

花などの意匠を丸くデザインした文様を
中国では団花文と呼びます。
左は龍団花文、右の二点は蓮団花文、下中央は龍団花文です。

団花文は古くは奈良時代に大陸から伝わり、平安時代には有職文(ゆうそくもん)と言われる、朝廷の儀式や行事に関わる学識、技芸の優れた人々が用いた織物の文様の中にも丸文が使われていました。
どこか、日本的に感じられるのもそのような歴史があり、
何となく見覚えがあるからではないでしょうか。

MUNIの丸文様は中国明代の団花文を長年にわたり、
リデザインを繰り返しながら現しています。
なぜなら、その時に、「美しいと」感じたものが
変化してくるからです。
なので、同じデザインの作品でも制作した時期で受ける感じが少しずつ違います。

この度改めて、このように団花文様だけを並べてみると
東洋的な調和のイメージが一層広がりました。
ディスプレイによっても響きあいが変わりますので、
お近くにお越しの際はご覧になってみて下さい。

aoyama画像.jpg

posted by MUNI |

ARCHIVE

CATEGORY