MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ]

Design No. 047

  • 逆目から撮影

  • 順目から撮影

  • 逆目から撮影

  • 厚みは約1.5cm

  • 藍の2トーンで織り上げていますが、非常に豊かな表情が広がっています。

  •  フィールドの蓮の文様は、猫の足跡に見えることから「猫踏雪」(マオ ター シュエ)と親しまれている文様です。

  • シリアルナンバーによって、製作時期と製作した職人など一つ一つ管理されている

  • バタフライchairとのサイズ比較

藍染めのモノトーンで織り上げた、1枚です。

フィールドの蓮花文様が丸みを帯びたデザインなので可愛らしさも感じさせ、それを取り囲むボーダーに重厚感ある沙綾型を用いることで、シックな印象をももたせたデザインの作品です。

さらに、セカンドボーダーの雲の意匠がアクセントとなり、一層深みを感じさせます。

 

フィールドの文様(蓮花)は種子の多さから繁栄と仏教伝来後には清らかさの意味をもち、メインボーダーの文様(沙綾型)は桃山時代に中国の明から伝わった絹織物に用いられており、卍文様が持つ意味(輝ける天体)、萬事如意、それが終わることなく繁栄してゆくという吉祥文様となっております。またセカンドボーダーの文様(雲)は「雲」と「運」が同発音であることから幸運への願いが込められています。

 

この個体の特徴として、地色の藍は大変深みある色で、織りだされた文様の藍も明るすぎず、落ち着きある絶妙なトーンで制作されています。

光の加減で鮮やかで鮮烈にも、沈みこんで深みある色あいにも見えるこのBLUEは、藍だけが持つ生き生きとした美しい色の魅力です。

 

シックで気を張らなくてよいかっこよさ、その中にある少しの可愛らしさ、10年、20年と使い込むほどに深みを増す藍のBLUE。そういった魅力の数々を持ち合わせたこの1枚。

器やお茶のお好きな方なら、陶器とも磁器とも合わせてお楽しみ頂けるのではないでしょうか。白磁に青の絵付けのものと合わせても、素敵ですね。

例えば床に座ってお茶のひと時。持ち運びの簡単なこのサイズなら、どこでもコンパクトに豊かな時間の楽しみを堪能していただけます。

 

倉敷スタッフ D