MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ] / LIVING[ リビング ]

Design No.087B

  • 逆目から撮影しました。ココアベージュのモノトーンが引き立ってきます。

  • 順目から撮影しました。光を反射して、エレガントに映ります。

  • 逆目から撮影しました。文様がくっきりと際立ってきます。

  • 順目から撮影しました。しなやかで繊細な、最上級のウールが持つ透明感を感じて頂けます。

  • 文様を正面から見たところです。複雑に絡み合った蓮と唐草の文様の美しさが見えます。

  • 蓮文様が立体的に織り込まれています。

  • 縁取り(ボーダー)の雷文です。細いラインが全体を引き締めながら、優美さも演出しています。

  • ボーダーは、複雑で繊細な色の組み合わせで構成されています。

  • 逆目からみると、文様がしっかりと浮き立って見えます。

  • 順目から見ると、全体にふんわりとした印象になります。

  • コーナーを真上から見ると、蓮唐草文様の曲線と、縁取りの直線との対比の美しさがよくわかります。

  • タンヤンのベビーウールは極上の使い心地と、陽光を浴びるとけぶる様な繊細な美しさと、光を反射する上質なウールの透明感を一層感じて頂けます。

  • 厚みは1.5㎝ほどあり、踏み心地や座り心地のよさをダイレクトに感じて頂けます。

  • シリアルナンバーできちんと管理されています。

  • バタフライスツール(W42.5cmXD31cmXH38.7cm)とのサイズ比較です。

  • バルセロナスツール(W59cmxD59.5cmxH39cm)とのサイズ比較です。

  • 李朝膳 (W45cm XH26cm)とのサイズ比較です。

  • ソファの足元やエントランスは勿論ですが、床座でもコンパクトにお楽しみ頂ける広さとなります。デスクの足元にもうってつけです。さあ、何をされますか?

今回ご紹介のカーペットは、明王朝時代の蓮唐草の文様が美しい、No.o87Bになります。
藍色の濃淡で織り上げたデザインはご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、ミルクココアのようなグレーイッシュ・ブラウンとベージュのコントラストの美しいこちらのデザインは、まだ目にされたことの無い方も多いのではないでしょうか。

やわらかな配色で織り上げたこちらのデザインは、唐草の持つ優美さを存分にお楽しみいただけるデザインとなります。
橡(つるばみ)、蘇芳(すおう)を用いて染め上げた色味が、いわゆるベージュではなく少しピンクがかったココアベージュを使用している為、全体に温かみと深みが出てまいります。使い込むことでゆっくりと染料は馴染み、植物染料ならではの美しい変化を辿って行きます。それと同時にウールが光沢を増してきますので、穏やかで上品な風合いが、10年、20年と時をかけて生み出されて行きます。そうすると、織上がってすぐの状態よりも、よりエレガントな美しさが際立ってくるでしょう。

とても上品で力強いこちらのデザインは、明王朝時代特有のすこしぽってりとして優しい意匠の描き方が特徴です。緻密で繊細ながら、余白のある伸びやかなデザインはピリピリとした印象やデコラティブすぎる印象を受けることはありません。どちらかというと、優美さと共に端正な美しさを感じることが出来るのではないでしょうか。

モチーフの蓮は、本当に多くのデザインの中で重用されています。泥水から生れながらも高貴な花を咲かせる蓮。清らかさや繁栄・幸せな結婚生活など、人々が求めて止まない幸せへの願いが込められているモチーフです。
また伸びやかに続く唐草文様には、この幸せが永久に続くという意味があり、古代ギリシャ・ローマの時代から世界中で大切にされてきたモチーフです。いつの世もその繁栄が続くことを願っていたのだと思いいたることが出来ます。

そして、縁取りの雷文様は、恵みの雨・命の水を運ぶ雷を表したものです。この雷は龍の化身と言われ、守り神にもなってくれます。雷文も唐草文様と同じように古代から世界的に使われ、西洋ではグリークキーとも呼ばれています。

この度ご紹介するこちらの一枚の魅力は、コクのあるしっとりとした色合いの地色にベージュで織り上げた文様とのコントラストが大変美しく出ているところにあります。植物染料をミックスして得られるこちらの配色は染め上げるのが非常に難しく毎回ニュアンスが異なります。
この緻密な曲線を多用したデザインは、織り上げるにも熟練した職人でないと難しく、限られた者でしか制作することは叶いません。
また文様部分には地色に対して若干太い糸を用いているため文様が立体的に浮き上がって見えます。
また、縁取りの雷文様の繊細なラインがこのカーペットを引き締めながら、その細いラインの1本1本で優美さを演出して行きます。縁取りも実は3色のベージュトーンで織り上げられていて、そのわずかな色の違いが、華やかさや力強さと優美さを1枚のカーペットの中に生み出し、とても美しい1枚へと作り上げています。
シンプルな配色ながら見飽きることなく愛着を持てる一枚となっています。

このカーペットのサイズですと、2人掛けのソファの足元でも素敵ですし、オシャレ遣いとしてはセンターテーブルの下にだけ敷く、という方法もあります。間口が合えば勿論エントランスにも設えてください。
そしてなにより、パソコン仕事のデスクの足元に、デスクとチェアをカーペットの上に載せて足元から心地よく設えることも、是非試してみてください。

色々な使い方をお楽しみいただける、素敵な美しい仕上がりの一枚です。

倉敷店スタッフAD