MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ]

Design No.072

  • 逆目から撮影 逆目から見ると文様がはっきりと浮かび上がります。

  • 順目から撮影 逆目から見ると少しフェイドした感じに見えます

  • 逆目から撮影

  • 雲文格子の中に、幸せを運ぶ蝙蝠、長寿を願う桃、繁栄を願う蓮の文様が透かしのように織り込まれています。

  • 万字繋ぎのメインボーダー。万事如意を表します。藍の濃淡のライトブルーが薄めに上がっているため全体に柔らかい印象です。

  • 厚みは約1.5cm  心地よい手紡ぎ糸ならではの弾力が味わっていただけます。

  • シリアルNo.によって1点ずつ職人や仕上がりが管理されている

  • バタフライchairとのサイズ比較

Design No.072のスモールサイズをご紹介いたします。元々はリビングでお使い頂けるビックサイズで製作していたデザインを、コンパクトなスモールサイズに落とし込みました。

このデザインの象徴ともいえる「Cスクロール」と呼ばれる雲の格子を、61x122cm というサイズに合わせて少し華奢にデザインし、 No. 072 が本来持っている重厚感をしっかりと持たせて生まれた1枚となります。

雲の格子の中に見え隠れする透かし文様は、蓮・桃・蝙蝠といった、吉祥のモチーフからなり、文様にはそれぞれ幸せへの意味が込められています。格子の「雲 Yun(ユィン)」は良いことを運び込む運気の「運 Yun」を掛け合わせたもの、蓮は種子の多さから繁栄とその生態から清らかさを、桃は仙人の食すものであり長寿を表し、また蝙蝠は「蝠」と「福」が同じ発音の為幸運を運び込むものとして、長く長く受け継がれてきました。意匠全体に感じることの出来るすこしぽってりとして抜け感もある印象は、国内の文化の昇華へと意識がしっかりと向いていた明代だからこそ生まれたゆとりある美しさでもあるのです。

この複雑で重厚感のあるデザインをまとめるのは、縁取り(ボーダー)に選ばれた萬字繋文様で、思い願ったことが叶っていく「萬事如意」の意味を持ちます。このボーダーがあることで、一見複雑すぎるようにも見えるモチーフのバランスが良くなり、しっかりと安定感をもったデザインとなって行くのです。ボーダーの無いモダンで広がりあるデザインも素敵ですが、クラッシックな美しさをより引き継ぐこのデザインのように、しっかりとボーダーの入っているものも、本当に素敵です。

今回ご紹介の1枚ならではの特徴は、透かし文様がとても上品に描き出されていることと、全体の色味のバランスが大変良いことにあります。またカシミアグレードか、それ以上の細さとしなやかさを持つタンヤンウールならではの上質な肌触りのよさと、織り上げる密度の高さによって生まれた弾力性の高さも魅力の1つです。Cスクロールに使用しているブルーが濃淡の2色使いであることで上品さが生まれ、角度によっては本当に文様が浮浮き立って見え、このサイズ以上のダイナミックな力強さも感じて頂けます。使い込む年月と共に、数十年後にはやがて透かし文様の蓮や桃などが立体的に浮き上がって見えてくる様子もお楽しみいただけることでしょう。

文様もデザインも、単純に拡大縮小はせず、このサイズの為に新たに形作られたものだからこそ生まれる美しさ、61x122cm というサイズだから感じることの出来る繊細さも、是非お楽しみください。

エントランスでのご使用も空間演出としてとても素敵ですし、ご自身のためのスペースに、日々の喜びの積み重ねの為に取り入れてみても素敵でしょう。
カーペットが1枚取り入れられるだけで、空間は驚くほど素敵に生き生きとしてくるのです。

使用染料 槐  橡  胡桃  藍

倉敷スタッフ AD