MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ]

Design No.018A

  • 逆目から撮影しました。こっくりとした色合いに力強さを感じます。

  • 順目から撮影しました。光を受けて、花菱文様の繊細さが見えてきます。

  • 逆目から撮影しました。藍の色味が深みを帯びてきます。

  • 順目から撮影しました。藍のブルーが少しクリアに見えてきます。

  • 逆目から撮影しました。地色のベージュが少しグレイッシュに見えて渋みある印象が生まれます。

  • 順目から撮影すると、地色が黄色味を帯びたベージュに見えてくるので不思議です。

  • 真上からみると、規則正しい心地よさが味わえます。

  • 文様は、「花菱」。キリッとした端正な美しさが魅力です。

  • 縁取りには「雷文」。細く繊細なラインは、カーペットに爽やかさを演出します。

  • ボーダーは伸びやかさも演出してくれます。

  • ふんわりとしたパイルの手触りも感じらます。

  • 花菱の縁取りにある細いホワイトのラインが見えるでしょうか。

  • 1.5 cm ほどある厚みからは、使い心地の良さを感じることができます。

  • シリアルナンバーできちんと管理されています。

  • バタフライスツール(W42.5cmXD31cmXH38.7cm)と合わせました。茶系と合わせると落ち着きある雰囲気が生まれます。

  • イプ・コフォード・ラーセンのオットマン(W575×D440×H380・SH365)と合わせました。穏やかな空気が流れてきます。

この度ご紹介のNo,018Aは、スッキリとした幾何学文様が美しい、モダンなデザインの1枚です。
MUNIのデザインの中でもでも特に初期の頃から制作している隠れた人気のデザインです。

こちらは61x122cm というコンパクトサイズなので、お部屋のどこへでも気軽に持ち運べ、その日の気分で空間へ自在に変化を付ける楽しみも味わっていただけます。

例えば、お玄関はもとより、ベッドサイドに敷けば一日の始まりと終わりが至福のひと時に。本棚の前に敷いてそこに座って本を読むという素敵な使い方は、お客様から教えていただきました。

さて、こちらの一枚のフィールドの紋様は、中国世界遺産、甘粛省シルクロードにある仏教遺跡・敦煌の壁画にも見られる古典的な蓮の文様「花菱」です。
2000年近く昔の文様ですが、スッキリと今見てもなお新しく、少し可愛らしさも感じます。

蓮の花は沢山の種を実らせることや「蓮」と「連」が同発音であることから、幸福な結婚と子孫繁栄を願う紋様として用いられてきました。
また、この「花菱」は日本に伝来してからは、有職文様として公家の衣装に使われたり、家紋・帯・着物へと、人々の暮らしの中へ浸透していきました。
現代でも、この格式ある文様は、礼装用の帯に使用されたり、おしゃれな文具にアレンジされたり、生き生きと受け継がれています。

ボーダーの雷文は欧米ではグリークキーと呼ばれ、稲妻を表現しています。
夏になると空にとどろく稲光と轟音は、命をつなぐ恵みの雨を呼び豊穣をもたらすものとして、古来より畏怖と共に大切にされてきました。
また雷は、守り神の龍の化身とされ、遠く天駆ける神獣の龍から、水神様として人々の暮らしに根付いた龍まで、その姿は様々に、私たちを見守ってくれてきました。

この度の一枚特有の魅力は、地色のクリーム色の部分にこっくりとした深みある色を使用しているところです。このことで、花菱文様の縁取りになるホワイトウールが立体的に際立ち、花菱文様そのものが綺麗に存在感を表してきます。
また、縁取りの藍染の深いブルーは、このカーペットにキリッとしたシャープさと爽やかさも演出しています。

古の歴史に思いを馳せ、ロマンを感じていただきながら、長年飽きることなくお使いいただける作品です。
そして、数十年の時をかけて生まれるのは、藍の色の深まりと、灘羊(タンヤン)ウール本来のしなやかさと光沢です。モダンなデザインの中に見え隠れする穏やかさや優しさは、使い込むからこそ味わい深く育ち、使う方の時間も共に包み込んで、様々な思い出や喜びの宝箱となって行くことでしょう。

使用染料: 藍 槐

   倉敷店スタッフAD

※ こちらのデザインはその他のサイズでも制作しておりますのでお気軽にお問い合わせください。