MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ]

Design No.009B  

  • 逆目から撮影 ベージュカラーが濃く見えます

  • 順目から撮影 トーンが明るく艶やかに見えます

  • 蓮の文様 繁栄や汚れることなき清らかさなどを意味する

  • 蓮文様は天然藍で何度も染めを繰り返して染色している こちらの個体の蓮文様の色は濃い仕上がりで、黒色と見違えるほど

  • ベージュカラーのフィールドは細く紡がれた糸で織られており、きめ細かく繊細で美しい表情です

  • 落ち着いた上品な染め上がりをしており、非常にエレガントな表情を持っています

  • 厚みは約1.4〜1.5cm 手紡ぎ糸ならではの感触を感じ取っていただけます

  • シリアルNo.により、各個体ずつ管理されている

  • バタフライチェアとのサイズ比較

この度ご紹介のNo.009Bは、長年皆様方に愛されてきたMUNIを代表するデザインの一つです。
ベージュの無地と、まるで黒にも見える濃紺の蓮花の丸文様とのコンビネーションが実に美しいデザインとなります。

かつて、ココ・シャネルはベージュを初めてインテリアに取り入れたと言われており、彼女の部屋のアイコンとなるクラシカル・チャイニーズラグ、明朝時代の漆のコロマンデル屏風、その配色は、まるでシャネルを象徴する色のように、エレガントで華やか、そして力強さを持ちます。
中性的でエレガンスを高めるベージュは、あたたかみのある自然な美しさをも表現します。
「完全な色」とまでいわれる黒に見えるほど染めこんだ藍の濃紺は、他の色に深みを持たせ、隣り合う色それぞれを互いに引き立てます。

この1枚だけが持つソフトでしなやかな肌触りは、エレガンスを一層強調します。2色のコントラストによって生まれる、優しさだけではない上品な力強さにも魅力を感じます。
「可愛い」「カッコいい」「このデザインにずっと憧れていて」等々、本当に多くの方からお声を頂いているその意味が分かります。

飛び切りシックで落ち着いた印象を持つこの1枚。
シャネルもあこがれた、中国明代のハイカルチャーへと、心を飛ばせばその一端を感じることが出来ます。
成熟した文化への足掛かりを伝える美しい絨毯です。

使い心地のよさ、それ以上に、心を幸せにさせる1枚です。

倉敷店スタッフAD