MUNI CARPETS

ENTRANCE[ エントランス ]

Design No.009A

  • 逆目から撮影しました。藍の濃紺と橡のベージュとのコントラストが生み出す、キリッとした華やかな美しさが魅力の1枚です。

  • 順目から撮影しました。エレガントでモダンな美しさが見えてきます。コンパクトながら広がりを感じるのは、このデザインの大きな魅力の1つ。

  • 逆目から撮影しました。規則正しい蓮の丸い文様(団花文)には、ダイナミックな力強さがあります。

  • 順目から撮影しました。華やかさと優しさとが合わさった、とても素敵な雰囲気となって行きます。

  • No.009A のデザインを真上から見てみると、手紡ぎと手織りで制作するからこその、遊びある美しい円の形を見ることができます。

  • 文様に近づいてみると、蓮の花が複雑にデザインされていることが分かります。細部にまで心の行き届いた美し文様です。

  • 1つの円にはそれぞれ、中央に1輪、周囲に4輪の蓮の花。合計5輪の蓮花が織り上げられています。

  • 1輪1輪の蓮は、緻密な計算(製図)によって描き出された美しいラインで、デザインされています。そこには、蓮独特のたっぷりとした瑞々しい姿が表現されています。

  • 深い藍色の地色は、全体にうっすらと入るアブラッシュ(手紡ぎ・後染めの糸ならではの、自然に生まれる色むら。糸の外側と内側への染料の入り込みの差によって生まれる表情。)が、このカーペットに深みを生み出しています。

  • 少し下の角度から見てみると、重厚感があって奥へと広がって行く、このデザインならではの美しさが一層際立ってきます。

  • 光を受けて柔らかく光沢を放つ姿からは、匂い立ってくるような蓮花モチーフのこのカーペット本来の美しさがあります。

  • ふっくらとしたこの1枚は、素肌で触れると「灘羊」のプレミアムウールの繊細な心地よさを、存分に堪能していただけます。

  • 斜めから見ても美しい円となるデザインは、全くの対称のように見えて、実はちょっとひねりがあって、そこがオシャレなポイントです。

  • 縁取りの無いデザインは、敷きこんだ空間にすっと溶け込みつつもしっかりとした存在があります。いつもの場所を華やかに彩って、嬉しくなる時間を作り上げていくことでしょう。

  • 厚みもしっかりと 1.5cm ほどあって、お玄関や空間のポイント使いはもちろん、このまま直に座っていただくと、ダイレクトに感じるその心地よさは、また格別です。

  • シリアルナンバーで、1点1点きちんと管理されています。

  • バタフライスツール( W42.5cm x D31cm x H38.7cm )とのサイズ比較です。足元から華やかに彩って、コンパクトで素敵な ”私の空間” を楽しめます。

  • バルセロナスツール( W59cm x D59.5cm xH39cm )と合わせました。モダンな家具や空間と組み合わせると、色の持つコントラストの美しさが、その場所の魅力を一層引き上げていくことでしょう。

この度ご紹介する Design No.009A 「藍地蓮団花文」は、華やかでエレガントな印象がとても素敵な1枚です。

黒に近い濃紺の地にベージュの文様というとてもハッキリとした色合いは、インパクトがありながらもそのデザインの上品さから、決して派手になることはありません。
むしろ、重厚感の中に見え隠れする可愛らしさが魅力の、とても素敵な空間を作って行くことでしょう。

こちらの Design No.009A(Size 61×91 cm) は、とてもコンパクトで使いやすい大きさです。
ベッドサイドへ、エントランスへ、掃き出しの窓があれば、窓際へもいかがでしょう。
また、アートとして壁にタぺストリーとしてお使いいただいても空間をコージャスに彩ります。
蓮の花は幸せと繁栄のモチーフですから、お祝いごとにもうってつけです。

ベッドサイドに設えると、眠りと目覚めの為のひとときに、極上のリラックスを足元から感じることができるでしょう。
エントランスに敷きこむと、毎日のお出かけとご帰宅の度、誰かをお迎えするその時も、美しい空間に嬉しい気持ちがこみ上げることでしょう。
お部屋のポイント使いに楽しむ時は、一気に華やぐ空間と共に、光によって変わる表情の変化までも、お楽しみ頂けます。
ご新築、ご出産など、お慶びのお祝いや、様々な節目にと、この Design No.009A を贈り物にお選びくださる方も多くいらっしゃいます。

さて、この Design No.009A は、創業当時から長く愛されてきたMUNI を代表するデザインの1つです。
なかでも、こちらの配色は最初にデザインされた特別なものです。
30年の間に、途中3度の大きな変更と少しずつのブラッシュアップを重ねて、今のエレガントなデザインへと進んできました。

明時代の「蓮団花文」と呼ばれるこの文様は、蓮の花を向かい合わせに4つ、そして中央に1つ、合わせて5つの花を組み合わせて、円の形にしています。
縁取りを取り払ったモダンなデザインは、深い藍の色味がその空間を引き締めつつ、ふわっと広がって行く解放感も演出して行きます。

また、この1枚の特徴は、しっかりと手で紡がれた糸が高密度に結び込まれており、ギュッとパイルが詰まった印象です。また、濃紺の藍染の地色全体に、うっすらとアブラッシュ(*)という表情が入り、カーペットに美しい景色をもたらしているところです。
染料として発酵させた藍を、幾度も重ねて染め、これだけ深い藍色に染めこむことは、とても大変な仕事ですが、その分使い込んでいくたびに酸化によって深まって行く色の美しさは、格別です。
(*アブラッシュ:手で紡いだウールに生まれる自然の太さや密度の違いによって、染料の入り込み具合が変わり、絨毯のパイルとしてカットした際に生まれる、断面の色の自然の濃淡。その濃淡によって生み出される自然の色むら・景色のこと。)

抑揚のある地色は使い込む年月と共に、一層豊かな表情へと変化して行きます。
使い込む人の重ねた時間ごと深みをもってしなやかに育っていく様子は、使い手にとってまたとない喜びとなることでしょう。

心が嬉しくなる空間をこの1枚のカーペットと共に作って、もっと幸せな時を是非重ねてください。

使用染料: 藍 橡 茜

    倉敷スタッフ D

※ こちらのデザインはその他のサイズでも制作しておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

Design No.009A

Ser.No 34338

SIZE  61×91cm

税込価格 196,900JPY (本体価格 179,000JPY)

SOLD OUT