ENGLISH中文

MUNI carpets

ABOUT MUNI

STUDIO / MUNI CARPETSを生み出す工房「漢氈居」

MUNI CARPETSの工房「漢氈居」は中国西北部の甘粛省に設けています。
なぜなら、この地はかつてクラシカル・チャイニーズ・ラグの産地であったからです。
宮廷用の最上級の絨毯は、敦煌芸術に代表される西域の高い文化、 黄河上流域の豊かな自然に育まれた最高級の羊毛、そして植物染料の発色に大きな影響を与える祁連山脈からの雪解け水があってこそ生まれてきたのです。 MUNI CARPETSはこの歴史的な聖地で、古来の伝統的製法を今に甦らせ独自に制作しております。

TAN YANG WOOL 灘羊毛

羊毛の素質は織り上がった絨毯の発色、輝き、使い心地を左右する最も重要な要素です。MUNI CARPETSのパイル糸は日本の靴を脱ぐ生活において、より心地よく快適にお使い頂けるよう。献上品に用いられた最高品質の寧夏産・灘羊のウールのみを使用しています。ウールは表面のうろこ状の組織”スケール”が自ら開閉し表面の湿度調整をおこなうので湿度の高い日本の夏にも、さらりとした使い心地で快適にお使い頂けます。また灘羊のウールの特徴である、上品な光沢とぬめりのあるカシミヤと同様の性質を持った繊維の細いプレミアムウールにより、柔らかく滑らかな肌触りを実現しています。そして長年の使用による経年変化によって光沢を増してゆき絹糸にも優る輝きを放ちます。

HAND SPUN YARN 手紡ぎ糸

100年の使用に耐えうるようにMUNI CARPETSのパイル糸は手で紡いでいます。手紡ぎの糸は、機械で紡いだ紡績糸に比べ、縒をかけるときに素材が受けるダメージが少なく、羊毛の繊維どうしが互いにしっかり絡みつくので、摩擦に強く丈夫で、弾力性に富んでいます。また、手紡ぎの糸には自然の太細が生まれ、それが織り上がった絨毯に美しい景色を与えるのです。

ORGANIC DYE 植物染料

 
 

MUNI CARPETSの糸は古来用いられてきた植物染料のみで染めています。

藍、蘇芳、梔子、槐等の植物で染め上げた色は、野山や海や空の色と同じ、人が最も安らぎを得られる自然界にある色なのです。 また、MUNIでは皆様に安全で、より快適にお使い頂けるよう、媒染など全工程に於いて化学物質を一切使わず制作しております。

エコテックスマーク

天然藍と原毛色のMUNI CARPETSは繊維製品の安全性を検査し認証する
世界で最も権威ある機関「エコテックス規格100」のクラス1という
最も厳しい認証を、ウールカーペットでは世界で初めて取得いたしました。