ENGLISH中文

MUNI carpets

SCENE

Vol.2リビングルーム~ソファ編 ▹

VIEW POINT vol.1[玄関敷き]

「お玄関敷きを…」とお求めになるお客様が、最近特に増えてまいりました。「自然素材の質の良いお玄関敷きを置くことで、魔除けになるから…」と。古来、中国の風水では玄関敷きには、良い気と悪い気を振り分けるフィルターの役割があり、玄関の気を整えてくれると言われています。ということで、VIEW POINTの第1回は、皆様の関心の高い玄関敷きにスポットを当てました。

 

 

 

倉敷市にお住まいのN

吹き抜けの白い壁のお玄関に、濃い藍の唐草のカーペットをお選び頂きました。N様ご夫妻にふさわしい清々しいしつらえです。外出からお戻りになられた時、この空間にたまらなく安らぎを感じられるとのこと。

Design No.093 纏枝蓮花文氈 SIZE 61x122cm

蓮の花と唐草の文様です。蓮は花中の君子といわれ、高潔な人格の喩えとされました。蓮は花と実を共につけて繁茂する生命力の強さをもつことから豊饒の象徴とされまた蓮の発音が憐。恋に通じ、蓮花の発音が和合に通じるため、恋愛と婚姻による子孫繁栄を寓意するものとされました。


また、蓮は泥中より出て清浄な花を開くことから仏教では解脱を象徴していますが、中国では蓮のことを古くは芙蓉ともいい、その花の美 しさから美人の喩えとして詩文にも用いました。唐草は無限を意味し、枝が絡まり伸びた意匠には「代々続く」という意味が含まれており、代々家が栄える様にとの願いが込められている文様です。

 

西宮市にお住まいのY

マンションにお一人でお住まいのY様。
お玄関の奥行を充分に生かして、カーペットを縦使いでお愉しみ下さっています。横使いという観念にこだわるのではなく、空間を生かし、カーペットを縦にしつらえる事で、お一人暮らしのお玄関にも拡がりが感じられます。「外との境目である玄関は、ある意味、気を引き締めてくれる場所と感じています。大切なカーペットが、心を整えてくれるのです。」とはY様のお言葉。

 

Design No.066 松塔文氈 SIZE 61x91cm

松塔文は松の木の意匠、または火焔の意匠とも言われている文様です。

生命力の強い植物であることから、古来より東洋では、松は長寿を願う文様として用いられました。火焔は、仏教に於いて、悪魔を滅し世の中を照らすと言い伝えられました。

玄関敷き選びのPOINT

玄関という限られた空間を最大限に活かす為に、サイズは出来るだけ間口に合わせる方が、お玄関にボリューム感と品格が生まれます。 間口に対してあまりに小さなサイズをしつらえると、絨毯に目が奪われる分、実寸よりも小さく感じてしまい、お玄関にも絨毯にも逆効果なのです。 永くお使い頂くものだからこそ、ご自分の一番お好きな色やデザインを選ぶことでその人らしさが表れ、空間が今まで以上に温かい場所となります。 お玄関の床や壁の色、雰囲気を重視した絨毯選びより、心が和らぐ空間だからこそ感性をも潤す自分にとってのベストな絨毯選びがポイントです。 限られたお玄関には敢えて間口に合わせたサイズを選ぶ事で拡がりを持たせることができ、風格が生まれてきます。家の顔となるお玄関には相応の品格が必要です。

 

Design No.056 萬字文辺草龍文氈 
SIZE 61x122cm

フィールドの文様は「草龍文」と呼ばれる、龍と植物が一体となった文様です。古代中国では龍は最高位の神獣であり「力」と「善」の守護神とされてきました。また、魔除けとしても様々に用いられてきました。
メインボーダーは「光輝く天体」を意味する萬字(卍)を永遠に続くよう繋げ、萬字如意を願った文様です。

 

Vol.2リビングルーム~ソファ編 ▹