ENGLISH中文

MUNI carpets

PRODUCTS

Oeko-Tex Standard 100

世界で初めての認証

天然藍と原毛色のMUNI CARPETSは繊維製品の安全性を検査し認証する、世界で最も権威ある機関「エコテックス規格100」のクラス1という最も厳しいクラスの認証をウールカーペットの分野において世界で初めて取得いたしました。

Quality of safety 安心のクオリティ

環境問題が深刻化する今、衣食住における安全への関心が急速に高まり、生活者と消費者どちらの立場においても環境への責任は見過ごせないものとなりました。現在、私達の日常生活を取り巻くものの中には「有害かもしれない」化学物質が潜んでいます。それがたとえ自然素材であったとしても化学物質の残留が指摘されています。日本の生活においてカーペットは素肌で触れるものだからこそ、MUNIではお客様により安心してお使いいただくため「自然素材だから安心」という感覚的ではなく、安全性を世界基準に基づき保証しなければならないと考えいています。

Certification 世界初の認証


染め上がった藍の糸

MUNI CARPETSはスイスに本部を置く繊維製品の安全性において世界でも最も権威のある認証機関「エコテックス規格100」の認証検査を受けています。素材の原毛から農薬類や防虫剤に含まれるフェノール類、染料や完成品からも発がん性物質やアレルギーを引き起こす恐れのあるホルマリンなどの化学物質は一切検出されませんでした。天然藍のMUNI CARPETSはクラス1(乳幼児が口に入れても安全という最も厳しいクラス)の認証をウールカーペットの分野において世界で初めて取得いたしました20余年にわたり伝統技術を追求することによって得られた、化学物質を一切使用しない「本物を作る」という技術を更に進化させ、未来に活かしてゆきたいと私たちMUNIでは考えています。

Traditional method 伝統手法

藍の葉 醗酵している藍

藍葉は「古事記」にも記されているように古くから染料や薬として用いられていました。MUNIの藍染は契約農家で藍を栽培し、藍建ても化学薬品を一切使用せず全て米酒、ふすま、灰汁などを使用し古来の方法で染色します。
現代では通常、藍染めにはハイドロサルファイトという手間がかからず短時間に染めることができる薬物を使用するのが一般的です。しかしMUNIでは藍本来の美しい色を引き出すため時間をかけ醗酵菌の状態を見ながら自然発酵させ染めてゆきます。長年の職人のカンと技が頼りです。そんな手間隙を惜しまない地道な製法によって作られていますので、水質汚染もなく人にとっても安全な上、その藍色は時を経て深みを増してゆくのです。

エコテックス規格100

「エコテックス規格100」とは繊維における安全性について100を超える試験によって検査を行い、人の健康を損なう有害物質を含んでいないことを認証するものです。スイスに本部を置き、現在では欧米で最も権威ある試験研究機関の国際共同体で、極めて信頼性の高い認証機関といえます。
前身はドイツのホーエンシュタイン研究所とオーストリア繊維研究所が協同で、有害物質に関する既存の分析方法(ÖTN100)を基に、1992年にエコテックス国際共同体を発足させ、エコテックス規格100としての規格を定め、試験、認証を行っています。


エコテックス規格100は4つのクラスによって安全性が分類されています。その中でもクラスには特に厳しい基準が設けられ、乳幼児の皮膚が敏感であることを考慮し、染色品では乳幼児が口に含んでも色素が流れ出ず唾液に対して堅牢であることが証明されます。また、農薬、防虫剤に含まれるフェノール類、ホルムアルデヒド、発ガン性染料、アレルギーを引き起こす恐れのあるホルマリンなどの化学物質は含まれていないかを多数の項目において厳しく検査が行われます。

  
  クラス1 3歳未満の乳幼児繊維製品と繊維製玩具。
(下着、ロンパース、シーツカバー類、寝具、縫いぐるみなど)
  クラス2 表面のかなりの部分が直接肌に触れる繊維製品。
(下着、シーツカバー類、タオル製品、シャツ、ブラウス、靴下など)
  クラス3 肌に接触しない、もしくは表面のごく一部のみが接触する繊維製品。
(ジャケット、コート、芯地など)
  クラス4 装飾用インテリア材。
(テーブルクロス、カーテン、家具の布地、マットレスなど)

◎詳しくは http://www.oeko-tex.com