ENGLISH中文

MUNI carpets

ABOUT MUNI

Column of MUNI CARPETS
ムニ・カーペットに関する雑学

 

 

 

神秘の繊維 ウール

『ウール』と聞いて、まず何を思い浮かべますか?
英語の『WOOL』は、羊毛に加え、カシミヤ・アン ゴラ・アルパカ・モヘヤ・キャメル・ビキューナ…等 の高級獣毛(hair)を含めた幅広い意味で使用されています。羊毛を代表とする『ウール』には、沢山の素晴らしい 機能が備わっています。ウールは過酷な悠久の大自然 の中、風や雨、暑さ寒さから身を守る為に永い時間を かけて創り上げられた多くの機能を持つ天然繊維なのです。 その素晴らしい特性を幾つか取り上げてみましょう。

まず最初に、「冬は暖かく、夏は涼しい」という性質があります。夏は熱いのでは…と敬遠されがちなウールですが、羊毛の繊維の一本一本は"クリンプ"と呼ばれる縮れがあり、この縮れの為に繊維と繊維がしっかりと複雑に絡み合い、その中には60%もの空気を含んだ厚い層ができます。乾いた空気は、断熱性の最も高い物質。繊維組織内の空気が外部の暑さ寒さを遮断する為、ウールが冬は暖かく、夏に涼しいのは、この為なのです。
「水を弾き、湿気を吸収・放湿」する相反性質もウールの特徴です。ウールは油分を持ったうろこ状の表皮に包まれており、その表皮が水滴や汚れを弾き「クリーンな繊維」であると同時に、表皮内は逆に親水性で、気体となった水蒸気は表皮の細孔を通過し、親水性の層にどんどん浸透していきます。ウールに吸湿された水分は液体状となっていますが、この水分を放出するときに気体となるのです。まさに“生きている素材”なのです。
またウールはタンパク質でできている為、「燃えにくく安全な繊維」とも言えます。火源を取り除けば、ごくわずかな時間くすぶるだけで自然に消化するのです。石油から製造された合繊と違い、煙の発生も少なく有毒ガスがほとんど出ない事などから、最も安全の求められる航空機内部や、消防服等にも使われています。

 

この様に、ウールは不思議な機能を沢山持ち合わせており、人間がどんなに技術を駆使して考え出した化学繊維も、あらゆる機能を兼ね備えた神秘の繊維『ウール』には及ばないのです。
製造過程や廃棄物の処理過程に於いて多くの問題を抱えている合繊が全世界の総繊維生産量の半分以上を占める中、ウールはその中でもわずか数パーセントに過ぎません。しかしウールは人間に優しいすぐれた性質を持った繊維であるばかりでなく、環境を汚染する物質が多い中、地球にも優しい繊維と言えます。大地の恵みを存分に受けた牧草を食べて育った羊の毛を人々は利用し、それが再び土に返され、土中で分解される事により植物の成長促進効果を生み、その緑の草を食べて、また羊は育ちます。
たった1/4の先進国人が地球規模の環境破壊を引き起こしたと言われる中、ウールはエコロジカルサイクルを結ぶ、まさに“21世紀の繊維”なのです。